ガソリン割引クレジットカード
スポンサードリンク

2012年03月12日

700系(JR西日本車)乗車体験記・座席評価

レアな?JR西日本バージョンの700系(16両編成)に乗車したので、座席評価のレポートだ。

 

珍しく?というか、東京⇔名古屋のこだまに使用されていたりもします。

以前は、JR西日本の300系もよく使用されていました。

 

さて、700系にハナシを戻せば、JR東海バージョンと若干内装と座席が違います。

 

IMG_1277IMG_1278

グリーン車に木目を使用していたり、普通車でも座席の色も違います。

 

濃い目のブルーです。

 

ここで【座席評価】

JR東海バージョンよりもすわり心地が良いように感じる。

クッションに厚みを感じ、適度な柔らかさと相まって、ホールド性も良い。

JR東海バージョンの薄いブルーばかりに見慣れているせいか、違和感を感じるが、すわり心地は上と感じられる。

 

所有車両数からも、JR東海と西日本では圧倒的な差があると思えるので、西日本車が来たときはラッキーと思ってもいいかもしれない。

 

もちろん、JR西日本の700系新幹線の場合は、ひかりレールスター仕様の指定席車がはるかにグレードが高いのは言うまでもない。

N700系のさくら・みずほ仕様はさらにグレードが高く、グリーン車か?と思えるくらいだ。

 

また機会があればレポートしたい。

 

乗車日:2012年3月4日

 

乗車列車:こだま635号(東京⇒名古屋)

 

乗車区間:品川⇒浜松

posted by たびこん at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ車両・乗車した車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

スーパーまつかぜ4号 米子⇒鳥取 キハ187系乗車体験記

スーパーまつかぜ4号 米子⇒鳥取 キハ187系乗車体験記

スーパーまつかぜは、キハ187系を使用している特急列車だ。


振り子機能装備でコーナーも素早く通過できる(はず)


キハ187は3回目くらいの乗車だが、変速の雰囲気が変わっている気がする。

以前はスーパーおきに乗ったことがあるぞ。


image-20111116121837.png


381系やくもに見送られて発車


本日2011年11月16日は、山陰地区で信号トラブルの影響でダイヤが乱れていて、どの列車がどう来るのかが予測が付かない。


米子駅でテレビ局の取材を受けてしまった(笑)(^O^)/


わたし的には、鳥取砂丘まで行ってみたかったが、スケジュールの関係で時間が無くて断念。


image-20111116123439.png



image-20111116123455.png


車内の様子だ。

木目の荷だなに、電球色の蛍光灯。

JR東日本車より、若干グレードが高く思える⇒さすがJR西日本。


2両編成の列車はほぼ満席だ。


山陰道もできつつあるが、末永く活躍して欲しい。
posted by たびこん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ車両・乗車した車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

651系グリーン車 座席評価感想

スーパーひたちで使用されているJR東日本の651系。
そのグリーン車に乗車したので、そのレポートだ。

俺個人的には、国内のJR車両の座席の中で最高峰を誇ると思う。
それくらいの出来映えだ。

DVC00005.JPG
初期のJR東日本車はうれしい3列シートだ。

シートも重厚感があり、ゆったりとくつろげる。

電源切り替えのデッドセクションの瞬間だ。
室内灯が消灯しているのがわかる。

DVC00003.JPG

その後の点灯状態だ。

DVC00004.JPG

俺的には国内最高峰の乗り心地とおススメしたい。



posted by たびこん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ車両・乗車した車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

811系 スペースワールド号

811系 スペースワールド号

真っ赤なJR九州811系が1本だけ存在する。

それが「スペースワールド号」だ。


811spaceworld.JPG

JR九州自慢の快速用電車811系。

そのうちの1本をスペースワールドとタイアップして、

特別塗色に変更したものだ。


811keisw.JPG

側面には、某ディズニーソックリのキャラがびっしり。

内装は宇宙空間への旅?と銘打たれた特別仕立ての

シートと照明がならぶ。

通常の811系より内装がよく感じられるので、

来ると嬉しくなる一品だ。
posted by たびこん at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ車両・乗車した車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

883系電車 ソニック(JR九州)

883系電車は、簡単にソニック883と言われることもあり、
(車体にもそう表記がある。)

JR九州自慢の外観と内装を誇る振子式特急電車だ。

青いソニック ↑香椎駅で出発を待つ883系ソニック

俺も、電車の中では本形式が885系と並んで最も好きな系列だ。

883系はソニック883とも言われるとおり、博多⇔大分を結ぶ

特急ソニックを担当する専用形式だ。

他の列車に充当される ことはまずない。

ソニック883系は、九州地方の高速道路利用のマイカーや、

九州内で幅を利かせている西鉄、系列バス会社
(大分バス・大分交通・亀の井バスは全て西鉄の傘下)

の高速バスに 対する競争力強化の為に、1995年

(平成7年)4月20日に登場した振り子式特急形電車。

特に大分道が開通し、所要時間の優位性が無くなった、そんな

高速バス「とよのくに号」にぶつける対抗馬として登場。

振り子機能を搭載しており、カーブで車体を傾けて曲がる様は

豪快だ。

JR四国の2000系特急気動車よりも傾きがシャープだ。


車両デザインは787系、885系、800系、岡山電気軌道

超低床電車「MOMO」 等も手掛けた水戸岡鋭治主宰の

ドーンデザイン研究所による。

車体は、近未来的でダイナミックなフォルムが特徴的である。


室内の座席は、動物の耳をイメージしたヘッドレストを採用し

「楽しさ」を表現した物となっている。

どうも俺には某ねずみキャラクターのように思えてならない。


1次車から4次車があり、フロントパネルの構造に違いが有る他、

更に4次車では編成ごとに顔の色が違うのが特徴。

青いソニック883系 2 現在では、車体を真っ青に塗装変更し、内装を885系と 同じ

イメージにリニューアルする工事が進行中。

俺的には、内装はフローリングの床と白い壁に変更する

ことによって、以前より明るさが増したので、

タイヘン良いと思う。

しかし、青1色の外装は・・・???だ。 PIC_0048.JPG
posted by たびこん at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ車両・乗車した車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

キハ47 8000番代 JR九州

キハ47 8000番代とは? JR九州 JR九州の香椎線香椎駅で見かけました。

 キハ47 8000

JR九州キハ47

試作車かと思ってしまうが・・・、

ここから先はメインブログへ移転しました

メインブログでのキハ40系8000番台紹介はこちら

posted by たびこん at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ車両・乗車した車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。