ガソリン割引クレジットカード
スポンサードリンク

2007年02月02日

乗りドク座席 飛行機(JAL)編

乗りドク車内座席情報 飛行機(JAL)編

今回は鉄道ではないが、飛行機にも乗りドクな座席がある。

それは日本航空(JAL)のクラスJ。

プラス1,000円でワンランク上のサービスが受けられるとあって

タイヘン好評だ。


747classj.JPG
↑ボーイング747のクラスJ座席↑


ところが、このクラスJにも、さらに乗りドクが存在する。


otokuclassj.JPG
それがこの写真(画像)の座席だ。

この座席は旧JAS(日本エアシステム)のスーパーシートで、

クラスJの座席改修を受けていない機体だ。

旧JASのボーイング777型機は、スーパーシート・レインボー

シートと普通席の3クラス制で運用されていたが、JALとの統合で

クラスJに統合されてしまった。


で、1,000円でスーパーシート、旧レインボーシート共に

同じクラスJで運用されるようになった。


この旧スーパーシートを利用する際は、前方2列を指定すると

良いぞ。

もちろん、旧JASの機体での話だ。

参考にしたサイト
posted by たびこん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 飛行機搭乗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

キロ28格下げキハ28 乗りドク車両

キロ28格下げキハ28 乗りドク車両
1990年ごろ JR九州大村線(長崎県)

急行列車が衰退していった頃、余剰となった

グリーン車(キロ28)を普通車(キハ28)へ格下げして

使用していたことがある。

キロ28格下げキハ28(5200)

俺が乗車したのは、JR九州・長崎県の大村線で、海沿い

をのんびり走るローカル線だ。

格下げと言っても、シートはグリーン車時代のままだし、

なんと足置きまで付いていた!!!

しかも、珍しいユニット窓車だ。

まだハウステンボスも無く、普通列車でノンビリ走っていた。


その後、高速道路が進展し、高速バスも走り、

ハウステンボスも開業して、かの大村線も

長崎−佐世保を結ぶ重要路線として、快速列車

シーサイドライナーが設定された。

そこそこ通過駅もあり、キハ58系も使用されたため、

往年の急行列車復活といった雰囲気マンマンであった。

残念ながら、塗色はシーサイドライナー(SSL)色へ

塗り替えられてしまい、黒っぽい車体になってしまったが、

例の元グリーン車キハ28(5200番台)も、塗色変更を受け、

現役で走ったものだ。

キロ28格下げキハ28シーサイドライナー
↑黒いので、よく見ないと分からないがユニット窓が見える。

残念ながら、筑豊地区からのキハ66・67転入で、廃車されて

しまったが、良い思い出の車両だ。

参考記事
posted by ほのお at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機搭乗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

キハ58系(キハ28、キハ58、キハ65)2

キハ58系(キハ28、キハ58、キハ65)2

国鉄キハ58系気動車(こくてつきは58けいきどうしゃ)は、
旧日本国有鉄道が1961年に開発した急行形気動車。

1969年まで大量製作され、1960年代から1980年代にかけて、
幹線・ローカル線を問わず日本全国で急行列車に多用された。

なお、「キハ58系」という表記は、同用途の同系車体をもつ
国鉄気動車を趣味的もしくは便宜的に分類したものであり、
国鉄が定めた正式のものではない。


SAYURI 様からコメントいただきましたので、再び

記事にしま〜す。


さて、ご指摘の通り、JR四国においても、キハ58系が現役で

使用されています。
↓引用です↓
キハ65ですが、現在定期運用が残っているのは四国の四マツのみです。
予讃線(高松〜松山〜八幡浜)
土讃線(高松〜阿波池田)
高徳線(高松〜引田)
の運用のみとなっており、H17年より一編成が国鉄急行色に復活しており
また、四国内の58/28/65はオリジナルエンジンを搭載しています。

キハ65国鉄色

残念ながら、1500系投入により、賞味期限が迫っているようだ。

九州地区でも鹿児島地方で若干使用されているとのコト。

今年(平成18年)の夏はJR九州の香椎線の増結用でキハ47

2両編成の後ろにキハ58+キハ28を連結して使用しているのを

見かけた。

普段は博多駅の隣の竹下駅に留置している様である。

竹下駅のキハ58

そういえば、8月19日(平成18年)の夕方に原田駅で

見かけたな〜

リレーつばめに乗車中だったんで、一瞬で追い越して

しまったが・・・参考記事
posted by ほのお at 00:17| Comment(4) | TrackBack(1) | 飛行機搭乗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

国鉄キハ20系気動車

国鉄キハ20系気動車


国鉄キハ20系気動車(こくてつキハ20けいきどうしゃ)は、
日本国有鉄道(国鉄)が1957年に開発した一般形気動車である。
1965年までに系列合計で1,100両以上が製造され、日本各地で
広く使用された。

なお、「キハ20系」の呼称は国鉄の制式系列呼称ではなく、
同一の設計思想によって製作されたキハ20形・キハ21形・
キハ22形・キハ25形・キハユニ25形・キハユニ26形・
キハ52形の各形式およびこれらの改造形式を趣味的、
便宜的に総称したものだ。

国鉄キハ20

俺が乗車したのは1980年ごろ・・・当時小学生。

このころは鉄道好きの気持ちも芽生え、

いろんな列車に乗ったり見たりするのが

好きになっていた。


このキハ20系は、俺が乗車した当時でも若干古さと

狭さを感じさせるものであった。

車体の中央に柱(排気口)が通っていたのを

今でも覚えている。

そして、ディーゼル(気動車)独特の排気ガスと

オイルが混ざったような車内のにおい・・・

気分が悪くなる人も居るようだが、俺は古さと同時に

郷愁を感じる。

車内設備はともかくかわいい顔というか、人なつっこそうな

前面デザインがなかなか好きな一品だ。
posted by ほのお at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機搭乗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

キハ58系(キハ58、キハ28、キハ65)

キハ58系(キハ58、キハ28、キハ65)

エンジンの搭載台数やエンジン系列によって形式が変わる。

俺が幼少の頃、最もお世話になった系列と言っても

過言ではない。


まだ、特急列車(特別急行列車)が、本当の意味で

特別だった頃、乗る列車といえば、ほとんど急行列車で、

急行列車といえば、キハ58系と言えるくらいだったからだ。


整然と並んだボックスシートに、快適装備と言えばクーラー

くらいで、今の時代では、別料金を徴収できる代物では

無いかもしれないが、昔を知る人にとっては、哀愁・郷愁

を大いに誘うものだ。


「カラカラカラ・・・」と独特のエンジン音に、夏は

クーラーの発電エンジンがやかましい。

これがまたホームの喧騒にいっそう拍車をかけるのである。

kiha58001.jpg

非力な180馬力エンジンをキハ28、キロ28には1台、

キハ58には2台搭載している。

冷房化推進のため、500馬力のキハ65型が登場した

経緯がある。

俺は子供心に、今でもそうだが・・・

強馬力のキハ65に好んで乗車する傾向がある。


今では東北地方の一部、広島の急行「みよし」くらいしか

その活躍を見ることができないが、末永く活躍して欲しい。


JR九州の観光列車、「阿蘇1962」では、同系列が

改造の上使用されるので、嬉しい限りだ。


でも、エンジンは換装されてしまっているのだろうか???
タグ:キハ58
posted by ほのお at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 飛行機搭乗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

キハ47 9000番台

JR九州のキハ47シリーズには、実は9000番台なるものが存在する。


 PIC_0001.JPG


一瞬、試作車か?と思ってしまうが、れっきとした改造車だ。


エンジンも今風のファンキーな音で、オリジナルヴァージョンの


爆音ばかりで非力なものとは違いを感じる。


乗ってみると、走りもなかなかのもの。


これと同じヴァージョンでキハ40は8000番台というのもある。


キハ47 9000


調べてみると、キハ47のエンジンをチューンナップしたもの らしい。


内容的には、ターボチャージャーの変更、エンジンの直噴化・電子制御化


を行っているらしい。


非力で低性能車として有名な同車を、エンジン換装を行うことなく、


なかなかの気動車に仕立て上げたJR九州の技術力に敬意を表したい。


香椎線の2両編成の片方1両に対して増殖中である。


PIC_0005.JPG


激安Nゲージ鉄道模型 キハ47 キハ40
posted by たびこん at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機搭乗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。