ガソリン割引クレジットカード
スポンサードリンク

2012年03月25日

MAXとき E4系 乗車体験記

E4系使用の上越新幹線・MAXときに乗車したので、その乗車体験レポートだ。

あわせて、座席評価も行います。

 

MAXとき

運転区間:新潟⇔東京 乗車した便は、高崎で増結

乗車区間:高崎→東京(指定席)

 

夜も遅くなった21時過ぎの高崎駅。

本日は新幹線を利用しての東京行き。

 

早くからMAXときのE4系が、高崎駅新幹線ホームの前方に停車していた。

 

てっきり高崎駅始発かと思いきや、新潟から来たE4系を後ろに連結するのだそうだ。

 

IMG_1269

前方に連結器を開けて待機するE4系。

 

IMG_1270IMG_1271

後ろに新潟からやってきたE4系を連結。

堂々の16両編成で東京へ向う。

 

さてさて、私は指定席へ。

 

E4系は、指定席と自由席で座席のグレードが全く異なる。

 

仕事に疲れた身で、3列+3列でリクライニングしない自由席は堪える。

 

モバイルスイカや駅ネット会員は、自由席価格で指定席に乗れるので、会員登録がおススメ。

 

IMG_1272IMG_1273

 

座席の様子と車内。

 

ここでいつもの【座席評価】

JR東日本特有の、座面がスライドする椅子だ。

 

これでシートピッチ(座席の間隔)が狭い仕様でも比較的くつろげる。

上越・東北・長野新幹線と多数の新幹線を運行しているJR東日本の苦肉の策だろう。

 

いがいと、高崎⇒大宮の利用でも指定席利用者が多い。

 

本当はN700系のさくら・みずほを見習って欲しい⇒指定席は2列+2列でグリーン車なみ。

 

IMG_1274

階下には売店スペース。

さすがに2階建て新幹線はスペースが多い。

 

IMG_1275

夜遅くの東京駅に到着。

総二階建て新幹線もいつまで活躍するのだろうか。

posted by たびこん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

おトク座席・静岡⇒東京 373系特急型使用 普通列車338M 乗車体験記

おトク座席・静岡⇒東京 373系特急型使用 普通列車338M 乗車体験記

2012年3月4日

 

373系特急型電車を使用した普通列車がある。それも静岡⇔東京間に。

でも、近々無くなるらしいので、乗ってみたいと思っていたらチャンスが巡ってきた。やはり思えば叶う(笑)

 

俺の場合は浜松で仕事があったのだが、予定より早く18時終了。

新幹線で浜松⇒静岡へ移動して・・・かくして373系の座席に収まることができた。

 

今回の乗車は運転区間と同じ静岡⇒東京。

約3時間の旅路だ。

 

IMG_1285IMG_1284

 

結構、乗客が多い。知っている人はコレを使うのだろう。

座席も良いし、普通列車のグリーン車よりも座席レベルが高い。

大きな荷物を持った長距離風の客も多い。

私が乗った車両では何人かが同じ東京駅で降りていた(笑)

 

IMG_1282IMG_1283

3両編成×3本の9両編成。

窓側の座席は始発時点でほぼ埋まっている。

 

ホームにそばつゆの香りが漂っていたが、あとで見ると以外と有名らしい。
(今回は知らなかったのでスルー)

 

IMG_1281IMG_1286

 

車内の様子。

椅子はよい感じだが、デッキの仕切り扉が無いのがさびしい。

 

IMG_1287IMG_1288

 

ここで恒例の座席評価。

 

すわり心地、背もたれの倒れ具合ともに特急車として見ても良い感じのレベル。

俺的には高評価だ。

クッションも適度に柔らかく、ホールド感もある。

また特急運用でないとき用に、枕カバーが作りこまれているのも目新しい。

 

IMG_1289

 

静岡を19:30に出発。

373系は始めて乗車したが、JR九州813系のようなインバータ音と走行雰囲気だ。座席は全然こちらが上だが・・・

 

途中、由比で貨物列車を先行させ、沼津でも長めに停車する。

本来は、ここで先行の普通列車が接続して、隣の三島に早く到着できるらしい・・・といっても5分くらいなので意味不明のダイヤだ。←乗車当日は列車2分遅れで接続無しの案内があった。

接続無しの案内もいいが、数分間停車するときは、何分停車するかと発車時間を案内して欲しいと思う⇒JR東海の車掌さん。

おかげで飲み物などを仕入れたかったが、無補給で東京を目指すことに。

 

約2時間で熱海。JR東日本の乗務員に交代。

東京到着:22:42。オツカレサマでした。

JR東日本エリアでは、「特急型電車を使用した普通列車です」と案内されてました(笑)

また何故だが、JR東日本エリアでは、空転が発生しまくりでした。

JRQの813は空転まではしないと思うが、どこかが違うのか。

 

末永く走って欲しいが・・・2012年3月のダイヤ改正で無くなるのですかね。

そうなれば、今度からは高速バスの駿府ライナーでしょうか。

posted by たびこん at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

185系電車 特急あかぎ 乗車体験記

185系電車の特急あかぎに乗車したので、その体験記レポートだ。

座席評価も併せておこなうぞ。


乗車日:2012年2月29日(大雪)

運転区間:前橋⇒上野


乗車当日は珍しい大雪に見舞われ、両毛線、高崎線のダイヤは大乱れ。


俺も前橋駅に午前10時過ぎに到着したのだが、8:26発車の特急あかぎが発車の目処も立っていないところだった。


目処が付き次第発車するとのことだったので、前橋駅2番線ホームへ。

俺的にはちょうど良かったので納得。


IMG_1263


雪が降りしきる前橋駅で発車を待つ185系電車使用の特急あかぎ。


2時間以上遅れると特急券払い戻しの義務が発生するので、2時間遅れ前のぎりぎりに発車。


考えがセコイ気がする⇒JR東日本。


IMG_1264

車内の様子。

ごらんの通りのガラガラ。

往年の特急車の雰囲気。


IMG_1265


座席評価。

座った感覚は悪くない。新幹線車両に比較すると、シートピッチが狭く感じるが、通常の体格であれば問題ないレベル。

倒れ角度もそこそこで、普通列車グリーン車の上を行くレベル。(わずかだが)


普通列車でグリーン料金を支払うよりは格安で、快適度は高い。


所要時間も短いので、時間帯、停車駅が合えば、積極的に利用したい。


昔は185系電車も酷評されたが、座席交換で評価は上がったのではないだろうか。


俺的には気動車の「キハ185系」のほうが大好きだが・・・(大笑)

posted by たびこん at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

200系新幹線(JR東日本)座席評価・感想

JR東日本の200系新幹線に乗車したので、その座席評価だ。

乗車日:2012年1月18日

乗車列車:たにがわ

乗車区間:高崎⇒大宮


夜も遅かったので、高崎からの帰りに上越新幹線を利用した。

気分で「たにがわ」を選択したら、やってきたのは200系だったので、さっそくレポート。



IMG_1067


車内の雰囲気は、内装材を変えてあるのか、若干ゴージャスな雰囲気だ。

好感が持てる改装だ。

天井周りの雰囲気は100系だ。(こっちのほうが登場は早いか)

すみっこの天井のダクトも100系だ。(だから200系のほうが登場が先)


IMG_1068


さすがに座席は交換済みで、むかしの「ひかり」のような3列が背面を向いている座席ではない。

3列のほうもちゃんと前を向く仕様だ。

☆座席評価☆

JR東日本車は、背もたれが前のめりに屹立しているのが特徴。

200系も同様だ。

ある程度倒れる角度も大きいが、もともとが屹立しているので、実際には全て倒しても、倒れ角度は少ない。

リクライニング角度はJR東海・西日本の新幹線車両がやはりナンバーワンだろう。


若干、シートピッチが狭めで、定員を稼いでいるのが分かる。(これは事情で仕方ないのだろう)


すわり心地はいたって普通。


0系そっくりの丸い車体だが、意外と加速は良いのが驚いた。

0系や100系を上回る加速かも。


100系も引退が決まったので、200系は丸い車体を末永くさらしてほしい。

posted by たびこん at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

特急サロベツ・キハ183系【稚内⇒札幌】2011年11月30日・乗車体験記



JR北海道の特急サロベツに乗車したので、その体験をレポートだ。


乗車日:2011年11月30日

運転区間:札幌⇔稚内

乗車区間:稚内⇒札幌

使用車両:キハ183系


昔はJR北海道の花形だったキハ183系もキハ281系やキハ283系の投入で、脇役気味。


それでも稚内の訪問やキハ183系の乗車自体が初めてだったのでワクワク。

実は初の北海道出張で、日程を無理やり延長して、稚内へ行って見た。(苦笑)

とにかく行ってみたかったのだ。最北の地へ。


行きはキハ261系のスーパー宗谷に乗車し、その帰りだ。


IMG_0427


軽く雪が降る稚内駅。ときおり激しく降り、身動き取れない。

南方の人間には辛い。(初体験)


IMG_0429

稚内駅で出発を待つ特急サロベツ【キハ183系】



IMG_0430

座席。JR化直後の標準タイプ。

今回は自由席の1号車に乗る。3両編成だ。


IMG_0431

前面の様子。

IMG_0432

ホームもなんだかさびしい。

ほどなく発車。これから札幌まで約5時間半の旅の始まりだ。

遠く離れた札幌の地まで運んでくれるキハ183系に感謝だ。


すぐに南稚内に着いて、こちらからもそこそこ乗車。

南稚内のほうが栄えているのだろう。


JR北海道特有の「野生動物が出るから急ブレーキに注意」のアナウンスが流れる。

なんだか感動してしまう。



IMG_0434

IMG_0435

稚内を出発して約1時間後の画像。

南稚内を出ると、サロベツ原野が広がる。

癒される景色だ。


この後、ほどなくしてシカと衝突。

ものすごい急ブレーキだ。

でも、衝突した感覚はわからなかった。


音威子府で運転手さんが点検していた。↓


IMG_0436

その後も警笛が多く、シカを追い払う運転が続く。

小鹿がぴょんぴょんと逃げていくのが見えた。

大人のシカはふてぶてしくて、なかなか逃げないのだという。

その後、外は暗くなり、和寒⇒旭川⇒札幌へと向う。

旭川からは結構の乗車。札幌までラストスパートだ。


IMG_0437

札幌へ到着。

本当はまだ北海道を堪能したいのだが、仕事があるため、このまま新千歳空港へ向う。



再び稚内の地をゆっくり訪れたい。

そのときは果たせなかった最北端の宗谷岬やノシャップ岬にも行ってみたい。

その暁には、稚内⇔札幌の高速バス(はまなす号・わっかない号)をレポートしよう。



釧路のホテルが激安・格安 釧路のホテルに実際に泊まっての口コミ評価

posted by たびこん at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

JR九州 303系直流電車

JR九州 303系直流電車

交流電化真っ盛りのJR九州にも、実は直流電車が存在するって知ってましたか。


それも通勤型だ。


福岡市営地下鉄と相互乗り入れを行っている、103系1500番台、それに最新鋭の303系だ。


303kei061028.JPG

ただし、303系は数が少なく、めったに会えない。

画像は、運よくやってきた303系です。


303keinaka061028.JPG

車内はこんな感じです。

815系の設計思想が受け継がれているのが分かります。


その後、また乗車する機会に恵まれました。

最初に投稿したのが2007年3月ですから、約3年半経つことになります。

この間に九州の鉄道事情もずいぶんと変化しましたね。

私的にはスイカが使えるようになったのが大きいです。


DVC00392.JPG


車内の様子です。終点の福岡空港に到着後撮影しましたので、いい感じで撮れました。


DVC00393.JPG

○ 303系 座席評価、感想

肘掛に木が使われたり、デザインは上手ですが、意外にコストがかかっていないのがわかります。

クッションはやわらかいのですが、すぐ固いところに突き当たり、安物の座布団より少しましな程度ですね。

長時間乗車でも疲れるというほどのことはなく、ぎりぎり合格点。


E231系の山手線の固いクッションよりは格段にましですが、E233系のやわらかくてホールド感があるクッションのほうがレベルは高いと感じます。

posted by たびこん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

JR211系平屋建グリーン車座席体験

JR211系平屋建グリーン車座席体験

高崎線に若干残る、平屋建ての211系グリーン車。

あとどれくらいの活躍かは分からないので、今のうちに体験してきたぞ。

2階建てグリーン車の隣に連結されていた「サロ210-1001」

寒冷地版のトップナンバーだ。

座席はすでに、231系と同等のものに換装済みであった。

俺的には2階建て211系グリーン車の座席のほうがグレードが高そうに感じる。

いつまで活躍するのだろうか???

2008年7月、上野駅にて。

posted by たびこん at 23:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

キハ58+キハ65 JR四国運用情報−最後の力走

キハ58+キハ65 JR四国運用情報−最後の力走

2008年3月15日のダイヤ改正以来、定期列車としてはただひとつ運用が残った、JR四国松山地区のキハ58+キハ65。

2008年4月現在では、627D〜632Dの1往復のみとなってしまった。

627D 松山6:27〜伊予市〜内子〜伊予大洲〜八幡浜

JR四国 キハ65

松山駅で出発を待つキハ65。
日本国内で唯一残るオリジナルのキハ65。


キハ58

627Dは、キハ65+キハ58の編成の後ろにキハ32がちょこんと連結されている。

都合3両で八幡浜方面へ向かう。

エンジン換装なしのオリジナルな音を響かせて走ってくれるぞ。

松山駅を出発してすぐ右側に、急行色のキハ58+キハ65も見える。
運用に入る日はあるのだろうか。

俺も今のうちにと思い、松山〜伊予大洲間に乗車した。

伊予市〜内子は連続登り勾配で、さすがのキハ65も苦しそうにエンジン音を響かせながら上って行く。

内子からは学生が超満員であった。

伊予大洲で約20分停車。2分の連絡で、宇和島行き普通(キハ185)に連絡しているが、超満員で降車に時間がかかるため、乗り継ぐ場合は注意が必要だ。

後ろのキハ32は切り離されて、伊予長浜(海線)経由の松山行きになる。

残った2両で、八幡浜へラストスパートだ。

末永く活躍してほしいが、2008年の秋で運用を終えるらしい。
非常に残念だ。
乗っておくなら、今のうちだ。


2008年4月現在のJR四国 キハ58系運用情報だ。

627D 松山6:27→(キハ32+キハ58+キハ65)→伊予大洲7:49
627D 伊予大洲8:10→(キハ58+キハ65)→八幡浜8:34
632D 八幡浜9:52→(キハ54+キハ65+キハ58)→松山11:51
733D 阿波池田5:33→(キハ28+キハ58+キハ58+キハ54)→伊野8:19
734D 伊野8:49→(キハ54+キハ58+キハ58+キハ28)→高知9:10
266D 高知17:46→(キハ58+キハ58+キハ28)→阿波池田20:57
※733D/734D/266Dはキハ58 1両減車の場合あり


内子付近で携帯に録音。
雑音が多いが、雰囲気はよく出てると思う。

posted by たびこん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

885系 かもめ 乗車体験・車内座席評価

885系 かもめ 乗車体験・車内座席評価


885系かもめで博多から長崎間を乗車したぞ。

JR九州自慢の885系ということで、グリーン車の紹介だ。


885系 白いかもめ


結論から言うと、885系かもめのグリーン車はおススメではない。

普通車の椅子がサイズアップしてグリーン車に並んだだけ。

足置きも、レッグレストも何もない。ホントに無い。どこにも無い。

あるのは、申し訳なさそうな、黒のスリッパだけ・・・

一応3列シートではあるものの・・・体が巨大で、普通車には収まりきれない

といった特殊な方以外には、ハッキリ言って利用価値は無い。

お金が余っていてとか、経費の関係で・・・なんて事情があるかた以外は乗らないほうが良い。

グリーン車独特の重厚感と言いますか、豪華さが全く無いのである。

内装に定評あるJR九州にしては珍しい駄作だ。

885かもめ座席

逆の言い方として、普通車のレベルが大変高い、という言い方もできる。

本皮シートで好き好きはあるだろうが、普通車に関しては、超ハイレベルなグレードを誇るといえる。


D1000071.JPG

グリーン車からは、かろうじて前面展望ができる。
曇ったり、透明になったりする不思議なガラスだ。

D1000072.JPG

D1000074.JPG

肥前鹿島〜諫早間は海沿いを走る。有明海が見事だ。
カーブだらけで、速度は極端に落ちるが(特にハイパー783系車)・・・
振り子式をもってしてもなかなかつらい区間ではあるが、景色が良くて
俺は好きだ。

長崎

長崎駅
ここが観光の拠点になるだろう。
いちどは訪れてみたい観光地だ。

おススメは、やはり「ちゃんぽん」と「トルコライス」だろう。


posted by たびこん at 21:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

N700系 新幹線のぞみ 乗車体験記

N700系 新幹線のぞみ 乗車体験記

JR東海で宣伝しまくりだったN700系。

乗車したので、その体験や座席のすわり心地などを

お知らせしよう。



N700系 博多駅

新幹線の外見も昔と比べるとズイブン変わったもんだ。

空力は優れているのだろうが、ココまで来ると、俺には

理解不能だ。(笑)


N700系 ロゴ


俺が乗車したのは、博多発18時54分発のぞみ52号で

名古屋まで。


とりあえず新しい物好きの俺はグリーン車へ。


N700系 座席

どっしりとした座席は重厚感があるが、背もたれを倒すと

座面が沈み込む、いわゆるJRLのクラスJタイプ。

奇をてらった、枕部分にある白色LED読書灯がジャマだ。


あとは、全体的に従来の700系とさほど変わったところは無く、

まさしく700系のマイナーチェンジ版で最高速度300キロに

対応させた・・・というところか。


コストが高い500系追放+JR東海の威厳回復を狙ったもの

だろう。


たしかによくまとまってはいるが、それ以外の新しさ、

面白みはない。


ちなみに乗車したのはJR西日本車だったのだが、普通車の

蛍光灯が電球色であった。



posted by たびこん at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

201系オレンジ 中央線快速 in 東京駅

201系オレンジ 中央線快速 in 東京駅

E233系も登場し、中央線快速に残るオレンジ色の201系も

急速に置き換えが進むという。

というわけで、中央線快速の201系に乗車してきました。


201系 オレンジ 中央線

なかなか乗車率の高い路線で・・・

景色や雰囲気を楽しむには困難でした・・・(苦笑)


201系 オレンジ

これらの201系はどこへ行くのでしょうね???


201otya.JPG

後日、御茶ノ水駅近くの橋の上から撮影しました。
posted by たびこん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

201系スカイブルー in 東京駅

201系・スカイブルー in 東京駅

東京駅の京葉線地下ホームで見かけた201系です。

スカイブルーの201系というと、関西の東海道線を

連想してしまいます。


201系 京葉線

しかし、205系はローズピンクの帯なのに・・・

201系はスカイブルーに塗られてしまったのでしょう???

201系のスカイブルーは関東地区初だそうで・・・


201系 東海道緩行線
こちらの201系のほうが、オイラ的には馴染みが深いのだが・・・

321系の登場に伴い、転出が始まっているという。
posted by たびこん at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

485系 特急有明 1980年ごろ

485系 特急有明 1980年ごろ
運転区間:博多⇔熊本・西鹿児島(現 鹿児島中央)

この特急は、俺が最もお世話になったと言って

いい。乗車回数は、軽く100回は超えるだろう。


まだ、急行ぎんなんが存在していて、特急有明が

本当に特別だった頃・・・

485系・583系が使用されており、どちらも食堂車

組み込みの10両だったような記憶がある。

583系有明

残念ながら583系の有明に乗車する機会は恵まれなかったが、

よく見物しに行ったり、写真を撮ったものである。


この頃は、博多〜熊本間ノンストップの有明が設定されて

いたりで、なかなか味があった。


その後、急行が廃止され、博多〜熊本・鹿児島間が夜行を除き

全て特急有明化されると、485系も10両から食堂車を減車して9両で

使用されるようになった。

なかには、博多側のボンネット先頭車にスクリーンを設置し

「ビデオカー」なるものもあったが、俺が数回乗車した時は、

いずれも上映されていなかった。(苦笑)

しばらくの間は、門司港発の有明3号は583系使用だった。

短編成化&増発時代の前の話である。

有明485系7両

1985年ごろからは、先頭車がクロ、クモハになり、7両に。

←鹿児島 クロ・モハ・モハ・モハ・モハ・モハ・クモハ 博多→

と先頭車のグリーン車以外は電動車という強力編成に

なりつつ、短編成化されていった。
posted by たびこん at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

急行ぎんなん 475系急行型電車

急行ぎんなん 475系急行型電車
運転区間:博多⇔熊本
1975年ごろ乗車

この列車も、俺が幼稚園の頃乗車した列車で、

詳しい記憶は無い。

窓周りがクリーム色で、夜間乗車した記憶が

あるだけだ。

急行ぎんなん475

1980年ごろ、東北新幹線が開通し、大量の485系が

九州にやってきて、急行ぎんなんは、特急有明に

格上げされてしまった。

子供の頃は、急行よりは特急と言う思いが強く、

嬉しかったのだが・・・

今となっては惜しい気がする今日この頃だ。
タグ:急行
posted by ほのお at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

特急おおよど キハ82系

特急おおよど キハ82系

運転区間:博多⇔宮崎(1974年〜1980年)

乗車区間:熊本⇔宮崎 1975年ごろ乗車

ooyodo02.JPG


俺が幼少の頃乗車した列車だ。

さすがにこの頃は、気動車好きなんて自覚も

あるはずがなく、ほとんど記憶に無い。

記憶にあるのは、当時の特急車に共通の内装と、

スイッチバックのためか、真っ暗なトンネルの中で

停止し、逆向きに動き出した・・・くらいだ。


キハ82系特急気動車使用の「にちりん」の間合い

運用で走っていたのと、急峻な肥薩線の

スイッチバック+ループ超えをキハ82系が

行っていたと思うと、よくぞ走れたもんだ・・・

と思う。

強力型気動車を使用している近年のほうが、

スピードは速いのではないだろうか・・・参考サイト
posted by ほのお at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

急行よしの川(キハ58系・キハ185系)

急行よしの川(キハ58系・キハ185系)

すでに廃止済みの列車だ。

運転区間:阿波池田〜徳島

昔は高知行きなどもあったらしい。

使用車両:キハ58系 2両

急行 よしの川 キハ58 キハ65 気動車

俺が乗車したのはJR化後数年たった後で、

ほとんどの車両がライトブルーへと塗装変更された

後だった。

全ての車両がホワイト&ライトブルーで、何も知らない人は、

きれいで統一された感じがするが、全く趣がないような気もした。

とにかく停車駅が多く遅かった記憶がある。

キハ185 急行 よしの川 JR 四国

末期にはキハ185系も使用されていて驚いた。

たしか1995年ごろ乗車した。

この頃には特急剣山(けんざん)も登場していたと思う。

なぜ統一しないんだろうと感じていた矢先に、急行は廃止になった。

特急剣山も、登場時は高知行きもあったような・・・

posted by たびこん at 01:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする