ガソリン割引クレジットカード
スポンサードリンク

2012年01月18日

200系新幹線(JR東日本)座席評価・感想

JR東日本の200系新幹線に乗車したので、その座席評価だ。

乗車日:2012年1月18日

乗車列車:たにがわ

乗車区間:高崎⇒大宮


夜も遅かったので、高崎からの帰りに上越新幹線を利用した。

気分で「たにがわ」を選択したら、やってきたのは200系だったので、さっそくレポート。



IMG_1067


車内の雰囲気は、内装材を変えてあるのか、若干ゴージャスな雰囲気だ。

好感が持てる改装だ。

天井周りの雰囲気は100系だ。(こっちのほうが登場は早いか)

すみっこの天井のダクトも100系だ。(だから200系のほうが登場が先)


IMG_1068


さすがに座席は交換済みで、むかしの「ひかり」のような3列が背面を向いている座席ではない。

3列のほうもちゃんと前を向く仕様だ。

☆座席評価☆

JR東日本車は、背もたれが前のめりに屹立しているのが特徴。

200系も同様だ。

ある程度倒れる角度も大きいが、もともとが屹立しているので、実際には全て倒しても、倒れ角度は少ない。

リクライニング角度はJR東海・西日本の新幹線車両がやはりナンバーワンだろう。


若干、シートピッチが狭めで、定員を稼いでいるのが分かる。(これは事情で仕方ないのだろう)


すわり心地はいたって普通。


0系そっくりの丸い車体だが、意外と加速は良いのが驚いた。

0系や100系を上回る加速かも。


100系も引退が決まったので、200系は丸い車体を末永くさらしてほしい。

posted by たびこん at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車した列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248844007

この記事へのトラックバック