ガソリン割引クレジットカード
スポンサードリンク

2006年09月19日

キハ58系(キハ58、キハ28、キハ65)

キハ58系(キハ58、キハ28、キハ65)

エンジンの搭載台数やエンジン系列によって形式が変わる。

俺が幼少の頃、最もお世話になった系列と言っても

過言ではない。


まだ、特急列車(特別急行列車)が、本当の意味で

特別だった頃、乗る列車といえば、ほとんど急行列車で、

急行列車といえば、キハ58系と言えるくらいだったからだ。


整然と並んだボックスシートに、快適装備と言えばクーラー

くらいで、今の時代では、別料金を徴収できる代物では

無いかもしれないが、昔を知る人にとっては、哀愁・郷愁

を大いに誘うものだ。


「カラカラカラ・・・」と独特のエンジン音に、夏は

クーラーの発電エンジンがやかましい。

これがまたホームの喧騒にいっそう拍車をかけるのである。

kiha58001.jpg

非力な180馬力エンジンをキハ28、キロ28には1台、

キハ58には2台搭載している。

冷房化推進のため、500馬力のキハ65型が登場した

経緯がある。

俺は子供心に、今でもそうだが・・・

強馬力のキハ65に好んで乗車する傾向がある。


今では東北地方の一部、広島の急行「みよし」くらいしか

その活躍を見ることができないが、末永く活躍して欲しい。


JR九州の観光列車、「阿蘇1962」では、同系列が

改造の上使用されるので、嬉しい限りだ。


でも、エンジンは換装されてしまっているのだろうか???
タグ:キハ58
posted by ほのお at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 飛行機搭乗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
コメントさしていただきます。

キハ65ですが、現在定期運用が残っているのは四国の四マツのみです。
予讃線(高松〜松山〜八幡浜)
土讃線(高松〜阿波池田)
高徳線(高松〜引田)
の運用のみとなっており、H17年より一編成が国鉄急行色に復活しており
また、四国内の58/28/65はオリジナルエンジンを搭載しています。

四国内の情報だけで、スミマセン。
では、失礼します。
Posted by SAYURI at 2006年09月22日 13:10
>SAYURI様 コメントありがとうございます。

四国のことを忘れていました(スミマセン)
数少なくなったキハ58系・・・

末永く活躍して欲しいですね。
Posted by 気まぐれパパ at 2006年09月22日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23991408

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。